ヴェルフェ矢板

2022年度関東サッカーリーグ2部前期第4節(有観客試合)

5/1(日)11:00KO

2022年度関東サッカーリーグ2部前期第4節(有観客試合)

<ホーム>


1-1
1-1
0-0

VS 桐蔭横浜大学FC

緑新スタジアムYAITA(矢板運動公園陸上競技場)

【TOPチーム試合結果】
🏆関東サッカーリーグ第4節vs桐蔭横浜大学
📅5月1日(日)
⏰11:00キックオフ
🏟緑新スタジアムYAITA(矢板運動公園陸上競技場)
前半:1-1
後半:0-0
合計:1-1

得点者
31分MF4藤田竜成

🟢スタメン🟢
GK1小林庸尚
DF6秋谷直紀
DF15増渕利樹
DF2箕輪圭佑
MF5橿渕佑斗
MF23村上達哉
MF10小野優二
MF8床井直人
MF11関敏史
MF4藤田竜成
FW9神村秀斗

🟢選手交代🟢
63分11関敏史➔神崎大雅
63分4藤田竜成➔19室井駿希
78分19室井駿希➔20平岡空
90+1分2箕輪圭祐➔30小久保拓哉

KSL第4節 VS桐蔭横浜大学マッチレビュー

雨予報やや涼しい12度の矢板。
開始12分にゲームは動いた。
桐蔭横浜左サイド9番ドリブルでカットイン、後方からオーバーした選手に詰められ失点。
昨年栃木県リーグでは失点が無かった。1年ぶりのリーグ戦失点となった。
その後お互いに譲らず、なかなか決定機は訪れない。特にヴェルフェは相手バイタルまで侵入できない。対して桐蔭横浜大は左サイドを中心に早い展開で攻め込んでくる。
苦しい時間は続いたが、一瞬の隙を逃さなかった。
後半31分、相手DFがバックパスをコントロールした瞬間4番藤田がボールを奪取し、流し込み同点弾となった。
得点後すぐに桐蔭横浜のFK。桐蔭横浜は180cm越えの選手も多く、セットプレーは警戒したいところであったが、GK小林が前方に飛び出しパンチング。
オープンな展開の中でも、ヴェルフェのFK・CKが続くが決めきれない。
前半はスコアが動かず折り返しとなった。
後半は両チームともにメンバー動かさずキックオフ。
ここ数試合の中では1番アップダウンが激しく、ヴェルフェの選手は苦しい試合展開であった。
後半18分、14番神崎と19番室井を投入し、ゲームを動かしにかかった。
14番神崎投入後、攻撃のパターンを変えながら相手ゴールに迫るが決定打にはならず、逆に桐蔭横浜の速攻を受けるがGK小林の粘り強い対応で死守。
後半31分相手アタッキングエリアで何度もゴールに迫るが決まらず、カウンター気味になったところで15増渕が本日2枚目の警告をもらい、退場となった。
15番増渕は「流れを変えてしまう」と悔しそうにピッチを後にした。
すぐに20番平岡を投入し、一枚少ない状態で残り15分ほど戦うこととなった。
スコアは並んでいる。引いて守ることも出来る。
しかし、ヴェルフェは1点を取りに行く戦いをした。
攻撃に関わる人数を増やし、パスを繋ぎながら相手の綻びを探った。
9番神村、10番小野、8番床井、14番神崎らの前線選手が何度もチャンスメイクし、後半40分には9番神村が遠目からシュートを狙うがポストに弾かれ決まらず。
後半45分。雨が急に強く降り始めた。ロスタイムは5分。
放り込まれるボールに対しては、DFラインとGKが安定した守備を見せた。
ロスタイムには9番神村が相手DF2枚の間から後方から上がってきた中央23番村上にパス、14番神崎にラストパスが繋がりゴールネットを揺らし勝ち越しに思えたが、これはオフサイドとなった。
その後もスコアは動かず引き分けで試合終了となった。
首位同士の戦いで、互いに勝ち点を勝ち取りたい桐蔭横浜とヴェルフェだったが痛み分けとなった。
まだまだ続く対大学生月間。
次節は05/15 13:00 KO
VS 流通経済大学FC となっております。
応援宜しくお願い致します!

▽直近試合情報▽
🏆NEZASカップ第27回栃木県サッカー選手権大会決勝vs栃木シティフットボールクラブ
📅5月8日(日)
⏰13:00キックオフ
🏟栃木県グリーンスタジアム

勝利すると、天皇杯本選への出場権を得ることができます。
是非、会場にてヴェルフェ矢板にご声援頂ければ幸いです。

リアンコーポレーション さくらクリニック 城南コベッツ
PAGE TOP

youtube

Facebook

twitter

line

Blog feed