ヴェルフェ矢板

【アカデミー】練習時間短縮のお知らせ

この度、ヴェルフェ矢板アカデミーではこれまでクラブ内でアカデミーの練習時間について協議を続けてまいりましたが子どもたちの食事・運動・睡眠のバランスなどについてを考慮し、練習時間を短縮することになりましたのでお知らせいたします。

なお、練習時間の短縮は6月の活動から適用されます。

●短縮後の時間について
U-12:火・水・木 18:30~20:00(90分)(30分短縮)
U-10:火・水・木 18:30~20:00(90分)(30分短縮)
U-8:水・金 16:45~18:00(75分)(15分短縮)
※スクールの時間は変更いたしません。

練習時間の短縮理由や今後の取り組みについては以下の通りです。

●短縮理由
これまで食事・運動・睡眠のバランスについて科学的な見地からクラブで検討をしておりました。
その中で、以下2点について懸念がありました。

・安心安全な成長について
「睡眠」については、睡眠のゴールデンタイムである22:00~2:00に成長ホルモンがよく分泌されます。成長ホルモンは骨、筋肉の成長、代謝の促進に欠かせないものです。
しかし、これまでの20:30までの練習の場合、子どもたちが会場から帰り、入浴、食事をし、ベッドに入り睡眠をとるのに22:00には寝れないような状況だと考えておりました。
子どもたちの成長に携わっているクラブとして、睡眠の質を求め、より健やかな成長を促すためにも20:00には練習を終えることが最低ラインだと判断いたしました。

・膝の負担軽減のため
また、近年では、人工芝のグラウンドが増え、そこでプレーする子どもたちの膝の故障(オスグッドなど)が増えてきております。当クラブも人工芝のグラウンドで練習を行っており、そこの懸念も持ち合わせておりました。
そこで、練習時間を短縮することで、少しでも膝への負担を減らし、より子どもたちの将来につながる練習環境を用意したいと考えています。

●今後の取り組み
上記を踏まえ、練習時間を短縮させていただきますが、単に時間を短縮するということはいたしません。

・練習の質の追求
これを機に練習の質、密度を改めて考え直し、今以上に追求していきます。
例:サッカーは試合で休みがなく動くスポーツであるため、練習でも休みをできるだけ少なく、常にプレーするような練習を行う。
教育的観点からも練習から練習への切り替えの行動を早くする意識付けを行う。
指導者が、一旦止めて教える際は、早く、わかりやすく子どもたちに伝える。

・食育への取り組み
三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)のバランスが取れた食事を心がけることが子どもたちの健やかな成長のためには大切になります。
クラブとしても、練習以外のところで子どもたちのよりよい成長をサポートしていくために、今後「食育」についても取り組んでまいりたいと考えております。

●月会費について
月会費については、変更いたしません。
上記のように、時間を短縮した場合でも、よりよい練習のあり方を指導者内で追求していき、食育なども含め、子どもたちがサッカーを通して今以上に成長ができる環境をできる限り提供していきます。
ご理解ご賛同いただけましたら幸いです。

PAGE TOP

youtube

Facebook

twitter

line

Blog feed