ヴェルフェ矢板

2018関東サッカーリーグ1部前期8節

6/30(土)12:00キックオフ

関東サッカーリーグ1部前期8節

<ホーム>


1-1

VS 矢板運動公園陸上競技場

矢板運動公園陸上競技場

2018関東サッカーリーグ1部前期8節vsさいたまSC 試合結果
6/30(土)12:00キックオフ@矢板運動公園陸上競技場

△1-1 vs さいたまSC 【公式記録はこちら】

得点(アシスト):
18分さいたまSC
34分神村秀斗(29森本恭介)

ヴェルフェ スターティングメンバー
GK1小林庸尚
DF5益子義崇
DF27高野修栄
DF3上沢拓也
DF17東郷慎
MF8髙橋祐樹
MF6秋谷直紀
MF9神村秀斗
MF19石巻伸二朗
FW33山下育海
FW29森本恭介

交代
68分DF3上沢拓也→FW14阿久津草太
81分FW33山下育海→FW11関敏史

約1か月ぶりのホームゲーム。その前回のホームゲームぶりの公式戦勝利がほしいヴェルフェたかはら那須は、今季同じく苦戦している さいたまSCと対戦。

関東甲信地方は梅雨が明け、非常に暑い中での試合。
最初のビッグチャンスはヴェルフェ。11分右サイドをドリブルで突破した9神村秀斗がクロスを送ると、それを29森本恭介が頭で合わせる。しかしこれは枠を外れサイドネットに。そのあと17分右サイドを突破され、クロスを上げられると、後ろにこぼれてワンバウンドしたボールを頭で押し込まれるが、これはGK1小林庸尚が難なくキャッチ。しかし、その1分後、1小林からのロングボールを跳ね返され、セカンドボールの処理にもたつき奪われると、左サイドからクロスを上げられ中央の選手に頭で合わせられ先制を許してしまう。この試合で敗れると、最下位に転落してしまうヴェルフェであったが、思うようにボールがつながらずフィニッシュまでが遠い。一進一退を繰り返していた34分ピッチ中央で受けた29森本からの前線へのスルーパスに9神村が背後に抜け出しシュート。前に出ていたキーパーの股を抜き同点に追いつく。これで9神村はリーグ戦4試合連続ゴール。その後はスコア動かず前半終了。
後半開始早々の47分、相手ペナルティーエリア手前で混戦になりボールがこぼれると、キーパーが前に出ていたのを見て9神村がループ気味のシュートで狙うがこれはサイドネット。直後に反撃を受ける。右サイドを突破されるとここからのマイナスのパスを走りこんできた選手に打たれるが、これは27高野修栄がブロック。25分自陣ペナルティーエリア右深くでFKを与えると、ここからのボールを頭で合わせられるもクロスバーに助けられる。跳ね返りも頭で押し込まれるがこれはGK1小林がキャッチ。その後もお互いにゴールを狙うも得点にはならず。90分が終わり、掲示されたアディショナルタイムは8分。そのアディショナルタイム4分ビッグチャンスが訪れる。コーナーキックで相手が前がかりになっていたところを、自陣でボールを奪いカウンター。交代で入った14阿久津草太から29森本へ。ゴール前まで侵入し、再びフリーの14阿久津にパス。決定的かと思われた場面をダイレクトでシュートを放ったが、これは無情にもゴール上へ。ラストプレーもペナルティーエリア手前で得たFKを9神村が直接狙うも壁に阻まれ試合終了。
勝点を積み上げたい両者の試合は痛み分けのドローに終わった。

この結果リーグ戦8試合(18試合中)を終え、1勝2分5敗 勝点5 としています。

なんとしても勝ちたい試合でしたが、ドローという結果に終わりました。
次の試合は前期最終節。前期なかなか思うような結果が出せておりませんが、リーグ戦の折り返しをいい形で終わるべく勝利をめざして全力で闘います!

<次の試合(関東サッカーリーグ1部前期9節)>
7月8日(日)13:30キックオフ
vs 東京23FC@日立ビルシステム大宮総合グラウンド

PAGE TOP

youtube

Facebook

twitter

line

Blog feed