ヴェルフェ矢板

2016関東サッカーリーグ1部前期3節vs横浜猛蹴 試合結果

2016関東サッカーリーグ1部前期3節vs横浜猛蹴 試合結果
4/17(日)13:00キックオフ@矢板運動公園陸上競技場

◯3-2 vs 横浜猛蹴 【公式記録はこちら】

得点(アシスト):
38分29森本恭介(19神村秀斗)
42分19神村秀斗(11関敏史)
62分19神村秀斗

ヴェルフェ スターティングメンバー

GK1小林庸尚
DF3上沢拓也
DF24遠藤雄二
DF27高野修栄
MF5益子義崇
MF6秋谷直紀
MF11関敏史
MF15小林俊介
MF10小野優二
FW29森本恭介
MF19神村秀斗

交代
25分 DF上沢拓也→MF7高秀賢史
72分 MF11関敏史→FW14阿久津草太
83分 MF10小野優二→MF8髙橋祐樹

前節、一人少ないながらも逆転でリーグ初勝利をあげ、今日はリーグ2連勝とホーム初勝利をあげたいヴェルフェたかはら那須は、リーグ2戦を終えて1分1敗と勝ちがないが2戦合計5得点と得点力を持ち
、初勝利がほしい横浜猛蹴と対戦。
昨季の対戦成績はヴェルフェの1敗(KSL市原カップ:●1-2)

試合はお互いに出方を見守るような落ち着いた入り。その後徐々にヴェルフェがペースをつかみはじめる。しかし、サイドからの崩しを起点とし相手ゴール前に迫るものの最後が合わずにゴールを決められない。すると24分3上沢拓也が負傷交代。代わって7高秀賢史を投入。その後、前節直接フリーキックを決めた15小林俊介がいい位置から狙うも相手キーパーにキャッチされる。33分森本恭介がペナルティエリアにドリブルで侵入するもシュートまでいけず。決め手を欠いていたヴェルフェであったが、39分右サイドから19神村がクロス。相手DFが処理しきれなかったボールを29森本が頭で合わせて先制。待望のゴールが決まる。その直後の42分左サイドをドリブルで切り込んだ11関のクロスを19神村が合わせて2点目を奪う。しかし、2点目の直後、自陣のペナルティエリア手前で守備が少し緩くなったところをミドルシュートを打たれ失点。1点差に追い上げられてしまう。ここで前半終了。
後半は横浜猛蹴がボールを回す時間が長くなる。しかし、62分ペナルティエリア内で横浜猛蹴の選手がハンドしPKを獲得すると、このPKを19神村が決めて2点差とする。19神村はこの日2点目。2点差にしたのも束の間、67分自陣左サイドを崩されクロスをあげられるとそれを頭で合わせられて失点。すぐに1点差に戻されてしまう。その後、ヴェルフェは4点目のチャンスを何度か迎えたが決めきれず。横浜猛蹴の攻撃に対しては最後までしっかり走り切り追いつかれることなく試合終了。
ヴェルフェはリーグ戦2連勝。リーグ3試合では負けなしとなった。

これで前期3節を終えて、2勝1分 勝点7
前節からリーグ順位を一つ上げて3位としています。

本日は風が強く、途中雨が降ることがあった中でも多くのサポーターのみなさまが観戦に来てくれました。
本当にありがとうございました!

そして、なんと今回はボールパーソンをU-11・10も子どもたちが務めてくれました!
少し不安がありましたが、しっかりと役割をこなしてくれました。

試合後にはその子たちを対象にトップチームの選手によるサッカー教室を行いました。
トップの選手たちとミニゲームで対戦し、多くの刺激をもらったようです。
終了後、選手からサインをもらっている子もいました。

来週4/24(日)も前期4節ホーム エリースFC東京 戦です!
ぜひ来週もヴェルフェのサッカーを観に来てください!

共闘共感!

<次の試合(2016関東サッカーリーグ1部前期4節)>
4/24(日)13:00キックオフ
vsエリースFC東京@矢板運動公園陸上競技場

PAGE TOP

youtube

Facebook

twitter

line

Blog feed